学術雑誌論文 立地モデルにおける一般意志の探索

坂井, 豊貴

109 ( 4 )  , pp.601(47) - 613(59) , 2017-1 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
特集 : 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学
ジャン=ジャック・ルソーは『社会契約論』第4篇2章で, 議会で意見が満場一致に近づくほど一般意志はより優勢になると述べた。本論ではこの古典的議論を, 選択肢集合のサイズが可変的な, 一次元立地モデルで再考する。そこでボルダ勝者とコンドルセ勝者とがほぼ一致し, 一般意志に合致する選択肢を疑いなく選び取れるための必要条件を見つけてゆく。この条件は, 選択肢の評価について投票者の間である種の共感が存在することを求めるが, 満場一致の要求よりはるかに弱いものだ。In Book IV, Chapter II of The Social Contract, Jean-Jacques Rousseau argued that the nearer opinion approaches unanimity in an assembly, the greater is the dominance of the general will. The present study revisits this classical argument in a one-dimensional spatial model with variable agendas. The study obtains a sufficient condition under which the Borda winner and the Condorcet winner almost coincide so that we can unambiguously find an alternative that conforms to the general will. This condition describes the existence of certain sympathy among voters on the evaluation of alternatives, and it is much weaker than the unanimity requirement.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報