学術雑誌論文 無条件の愛と道徳的な徳に基づく規範行動経済学

Bhatt, Vipul  ,  大垣, 昌夫  ,  矢口, 裕一

109 ( 4 )  , pp.575(21) - 600(46) , 2017-1 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
特集 : 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学
行動経済学の多くのモデルが抱える重要な困難は選好が内生的で不安定なことである。その結果, 選好は社会状態を評価するための最も望ましい基準を提供しえない恐れがある。この論文は無条件の愛をそうした基準の候補として提案する。無条件の愛という概念は, 高尚なものであるが, 多くの場合, 実践的な政策の提言のために適用することは難しい。私たちは, 無条件に愛することを学習することが望ましく, そうした学習を促進する政策を善いとする, 中間的な学習段階を提案する。私たちは内生的利他主義モデルでこの原理の実用例を示す。An important difficulty in many models of behavioural economics is that preferences are endogenous and unstable. Therefore, preferences may not provide the most desirable yardstick to evaluate social states. This paper proposes unconditional love as a candidate for such a yardstick. The concept of unconditional love, although lofty, is often hard to apply for practical policy recommendations. We propose an intermediary learning stage, where learning to unconditionally love is desirable, and policies that promote such learning are deemed to be good. We illustrate the use of this principle in models of endogenous altruism.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報