紀要論文 ドイツの「スポーツにおける反ドーピング法」について

佐藤, 拓磨

(37)  , pp.369 - 392 , 2017-2 , 慶應義塾大学大学院法務研究科
ISSN:18800750
内容記述
井田良教授退職記念号#論説
I はじめに 1 ドーピングとは 2 ドーピングとスポーツの商業化II 本法律成立前の状況 1 傷害罪の成否をめぐる議論 2 詐欺罪との関係 3 薬事法上の処罰規定 4 本法律成立前の状況のまとめIII 「スポーツにおける反ドーピング法」 1 概説 2 本法律の目的(1条) 3 禁止行為および罰則(2条~4条)IV 我が国の議論に与える示唆 1 立法事実の不存在? 2 理論的問題点〔資料〕 「スポーツにおける反ドーピング法」(抄訳)
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AA1203413X-20170224-0369

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報