学術雑誌論文 所得税の税額控除新設試案に関するマイクロ・シミュレーション : 所得控除から税額控除へ

土居, 丈朗

109 ( 1 )  , pp.61 - 86 , 2016-4 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
論説
本稿では, わが国の所得税制において多用されている所得控除を, 税額控除に置き換える所得税制改革の効果を, 「日本家計パネル調査(JHPS)」のデータを用いてマイクロ・シミュレーションを試みた。現行の所得税と住民税で所得控除として設けられている, 給与所得控除と公的年金等控除, そして人的控除を廃止するとともに, 家族構成に即した税額控除を新設する税制改革を検討した。さらに, 社会保険料にまつわる「130万円の壁」をなくすべく, 年収が130万円以上260万円未満の有配偶の給与所得者に対して, 支払った社会保険料の一部を事前に減免する「社会保険料割引」の新設を検討した。これらは, 税収中立となるように設計した。これらの効果をマイクロ・シミュレーションで分析した結果, 所得格差是正に効果があることが明らかとなった。Using data from the Japan Household Panel Survey (JHPS), this paper performs a microsimulation of a personal income tax reform in Japan in which main deductions from income (tax allowances) are abolished and tax credits based on household composition are newly established. Currently, the Japanese personal income taxation uses tax allowances more heavily than tax credits. However, it is known that tax credits are more effective than deduction from income in reducing income disparity. In addition to a shift from deductions to tax credits, we propose discounting the social security premium for low income earners, which is consistent with personal income taxation. According to the results of the microsimulation using the JHPS, these proposals are effective in narrowing household disposal income disparity.

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報