紀要論文 住居侵入等罪(刑法130条)の検討 : 最近の最高裁判例を手がかりにして

鈴木, 左斗志

(35)  , pp.173 - 203 , 2016-8 , 慶應義塾大学大学院法務研究科
ISSN:18800750
内容記述
論説
1 最高裁平成21年11月30日判決(刑集63巻9号1765頁)の検討その1 1.1 最高裁の判断と調査官解説の「枠組み」 1.2 本稿の目的2 最高裁平成19年7月2日決定(刑集61巻5号379頁)の検討 2.1 住居侵入等罪の保護法益その1 2.2 最高裁昭和23年5月20日判決(刑集2巻5号489頁)に対する批判の検討 2.3 退去要求の判断・実行 : 保護法益その23 東京高裁平成5年2月1日判決(判例時報1476号163頁)の検討4 最高裁平成21年11月30日判決(刑集63巻9号1765頁)の検討その25 結語
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AA1203413X-20160825-0173

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報