学術雑誌論文 経営学における21世紀型教育の課題

糟谷, 崇

58 ( 2 )  , pp.301 - 308 , 2015-6 , 慶應義塾大学出版会
ISSN:0544571X
内容記述
渡部直樹教授退任記念号#論文
本稿の目的は, 経営学における21世紀型教育の課題について考察することにある。近年, PBLや反転授業と呼ばれる授業形態に注目が集まっている。21世紀型カリキュラムや21世紀型スキルにおいては, 学生が主体的に学ぶことのできる学習法の導入が重要であると考えられている。また2001年にマサチューセッツ工科大学(MIT)がオープンコースウェア(OCW)を提唱したことを始まりとして, 高等教育におけるe-Learningの取り組みも広がりを見せている。しかし, こうした取り組みの多くは理系分野のものであり, 社会科学の分野での研究は十分とはいえない。経営学教育における本質的知識がどんなものであるのかということを認識したうえで, 伝統的な大学教育の手法から, 新しい授業形態への試みをおこなっていくために, どのような課題がそこにあるのかを考察する。
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234698-20150600-0301

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報