Journal Article デュアル・チャネルの選択に関する予備的検討

髙田, 英亮

58 ( 2 )  , pp.155 - 168 , 2015-6 , 慶應義塾大学出版会
ISSN:0544571X
Description
渡部直樹教授退任記念号#論文
本稿は, 製造業者が独立チャネルと統合チャネルの双方を用いて製品を販売するというデュアル・チャネルの選択に関して, 実証分析を行う前段階としての予備的検討を試みる。具体的には, まず, 取引費用理論を用いたデュアル・チャネル選択研究に着目し, そのレビューを行う。次に, そのうち, Mols(2000)の研究に注目し, そこで提示されている11の仮説をそれらと関連する理論・研究を踏まえて検討する。最後に, 結論として, それら11の仮説を理論的に異なる4つのグループに区分する。
Full-Text

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234698-20150600-0155

Number of accesses :  

Other information