学術雑誌論文 オープンソースソフトウェアと企業の関わり

神戸, 和雄

58 ( 2 )  , pp.121 - 128 , 2015-6 , 慶應義塾大学出版会
ISSN:0544571X
内容記述
渡部直樹教授退任記念号#論文
ここ数年, オープンソースソフトウェアの利用に関心が集まっている。実際に導入あるいは導入を検討する企業が増えつつあり, 各種調査でもその利用の度合いの高まりを見て取ることができる。ただし, オープンソースソフトウェアを利用している企業といってもハードウェアベンダー, システムベンダー, ソフトウェアベンダーといった各種ベンダーや金融, 一般事業会社としてソフトウェア自体を商品とはしていない企業が混在しており, オープンソースの利用の巧拙, 得られるメリット, デメリットには多くの類型が存在すると考えられる。本稿ではハードウェアベンダーを除いた, システムベンダーとソフトウェアベンダーを総称してベンダーとし, またソフトウェアの提供を目的とせず利用を主とする企業をユーザ企業とし, この両者の間にオープンソフトとの関わりにどのような違いがあるかを概観する。
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234698-20150600-0121

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報