学術雑誌論文 A. W. Shawの現代性とマーケティング論の根本問題

堀越, 比呂志

58 ( 2 )  , pp.45 - 54 , 2015-6 , 慶應義塾大学出版会
ISSN:0544571X
内容記述
渡部直樹教授退任記念号#論文
A. W. Shawは, 4Pミックス論的構造を提示しているという点で, 現代的ミクロ・マーケティング論のパイオニアとして評価されている。しかし, それ以上に, 彼のマーケティング論は, 現代的ミクロ・マーケティング論の他の諸特徴を先取りしていた。すなわち, 戦後のマネジリアル・マーケティング的構想, 戦略論的構想, 統計的実証主義志向, である。さらに, マーケティング論の根本問題を需要創造におけるアイデアの伝達と考えていたという点は, 最近のマーケティング論の研究動向とも一致しており, 極めて重要である。
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234698-20150600-0045

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報