学術雑誌論文 セネガルにおけるモバイルコミュニケーション : 先行研究のサーベイとセネガル概観

赤松, 直樹  ,  韓, 貞烈  ,  蒲, 英  ,  竹内, 亮介  ,  邱, 騰箴  ,  劉, 蜀ミン  ,  末野, 正訓  ,  濱岡, 豊

58 ( 1 )  , pp.83 - 102 , 2015-4 , 慶應義塾大学出版会
ISSN:0544571X
内容記述
資料挿表
Prahalad(2004)によって, Bottom of the Pyramid(BoP)の重要性が指摘される一方で, ビッグデータへの注目と期待が集まっている。Data for Developmentというプロジェクトは, これらを統合したものであり, アフリカ諸国における匿名化モバイル通信データを提供し, 各国の経済発展に寄与する知見を得ることを目的としている。我々は, セネガルについてのデータが提供されたD4D challenge 2015に参加した。これに関して先行研究をサーベイし, セネガルを概観した。その結果, BoP概念は実務だけでなくマーケティングにおける概念レベルにも影響を与える可能性があること, セネガルにおいてもモバイル通信の普及率が87.5%に達していることなどが明らかとなった。
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234698-20150400-0083

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報