紀要論文 国際環境の変化と「海洋国家」日本 : 一九七〇年代における国際海洋レジームの変動とソ連脅威の拡大への対応

許, 元寧

108pp.93 - 126 , 2016-3 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 問題の所在二 国際海洋レジームの変動と米国の海洋戦略 (一) 資源ナショナリズムの台頭と海の囲い込み (二) 米ソの海洋戦略と国際海峡の通航問題三 通商国家日本と漁業利益の保護 : 七〇年代前半 (一) 日本国内の利害関係 : 通商と漁業の強い影響力 (二) 米国の海峡レジーム構想と日米間の齟齬四 変化する国際レジームのなかでの制度転換 : 七〇年代後半 (一) 新たな国際海洋レジームの拡散と対応課題の再設定 (二) 通過通航制度の確立と米国の圧力 (三) 政府内の合意形成と海洋制度の転換五 終わりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20160315-0093

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報