学術雑誌論文 ハンセン病と環境法

六車, 明

88 ( 12 )  , pp.1 - 31 , 2015-12 , 慶應義塾大学法学研究会
ISSN:03890538
内容記述
論説
はじめにI ハンセン病 1 ハンセン病とは何か 2 熊本地裁判決が認定した被害 3 熊本地裁判決とその後 4 ハンセン病問題の解決の促進に関する法律II ハンセン病であった人々をとりまくもの 1 物理的制限 2 園内の趣味 3 「元患者」という差別III 犠牲となった人たちと私たち 1 私たちの社会 2 医学・医療界 3 マスコミと学会 4 司法IV より根源的なこと 1 断種・堕胎の強制のため家族がいない 2 知覚麻痺で失明することがある 3 人権の森V 環境法のあり方おわりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00224504-20151228-0001

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報