紀要論文 秩序に彩られる国家 : 小売市場判決再訪

大野, 悠介

(34)  , pp.193 - 291 , 2016-3 , 慶應義塾大学大学院法務研究科
ISSN:18800750
内容記述
リサーチペーパー
序章 第1節 動機 第2節 道程 第3節 終着点第1章 規制目的二分論についての議論の蓄積 第1節 目的に関する議論 第2節 審査基準に関する議論 第3節 理論的妥当性に関する議論 第4節 小括第2章 ポリツァイの系譜と継受 第1節 Kameralwissenschaftと国家学 第2節 ポリツァイと国家学 第3節 国家学者シュタインと明治国制 第4節 美濃部達吉の警察概念 第5節 小括と私見第3章 「経済法」と「経済制度」 第1節 「経済法」について 第2節 「経済制度」について 第3節 小括と私見第4章 小売市場判決と規制目的二分論 第1節 田中二郎二分論再読 第2節 国家学・経済法再興 第3節 小売市場判決再訪 第4節 規制目的二分論再考 第5節 現在の「目的」と民主的政治過程論 第6節 機能の区別 第7節 結論終章
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AA1203413X-20160325-0193

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報