Journal Article 非線形マクロ経済モデルにおける安定周期解の一意性および大域性をめぐって

福岡, 正夫  ,  須田, 伸一

108 ( 3 )  , pp.599(123) - 648(172) , 2015-10 , 慶應義塾経済学会
本稿は非線形マクロ経済モデルにおける安定周期解の問題を考察対象とするが, 内容としては二つの目的を持つ。まず第一に, いわゆるS単峰性の仮定の下で, 安定周期解の軌道は考察範囲の全域をつうじて高々1個しか存在しないことを証明する。ついで第二に, さらに加えて安定周期解が存在するものと仮定すれば, きわめて例外的な場合を除き考察範囲のどの点から出発してもその軌道は当該の安定周期軌道に限りなく接近することを証明する。証明の数理は基本的にコレット=エックマンの1980年の著書に負うが, 論旨の補強や図の添加をも含めてその脈絡が自己完結的に, より平易に辿れるように心がけた。In this paper we study the problem of stable periodic orbit in a nonlinear macroeconomic model. The purpose is two-fold. First, we show that, under the assumption of S-unimodality, there exists at most one stable periodic orbit. Second, we show that, if the model has a stable periodic orbit under the S-unimodal assumption, almost every point is attracted to that periodic orbit. Although the mathematical reasoning for this proof is essentially based on Colett-Eckmann's 1980 book, we also provide additional explanations and figures for the logical context to be self-contained and more easily followed.

Number of accesses :  

Other information