学術雑誌論文 世代重複モデルにおける貨幣とコア概念

村上, 裕美

108 ( 3 )  , pp.581(105) - 597(121) , 2015-10 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
特集 : 経済の数理解析 : 数理経済学の新展開
主体および商品の数がともに発散する二重無限の構造を持つ世代重複モデルは, 静学的経済分析に貨幣を導入する基本的な枠組みである。このモデルの最も大きな特徴は, 「競争均衡が必ずしもPareto最適とならない」ことであり, 均衡の最適性を回復する上で, 貨幣が重要な役割を担うことが知られている。本稿は, 世代重複モデルにおける最適性やコア概念に関する諸研究を整理しながら, 貨幣的均衡へのレプリカ有限コア収束定理を示し, 近接分野の知見を踏まえたその解釈を行う。An overlapping generations model with the double infinity of commodities and agents is the most fundamental framework to introduce money into a static economic model. An outstanding characteristic of this model is that competitive equilibria may not necessarily be Pareto-optimal and that fiat money plays an essential role in Pareto improvement. This paper summarizes studies on the optimality and the core in an overlapping generations economy and shows a type of replica finite core equivalence theorem for monetary equilibrium allocation. In addition, we interpret our theorem based on the knowledge of social norms in game theory.
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234610-20151001-0105

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報