学術雑誌論文 合理化可能性問題のグラフ理論的・組合せ的構造

塩澤, 康平

108 ( 3 )  , pp.537(61) - 557(81) , 2015-10 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
特集 : 経済の数理解析 : 数理経済学の新展開
本稿では, 消費データの合理化可能性問題の背後に存在するネットワーク構造やグラフ構造を取り扱う。これにより問題の構造が明確になり, 合理化可能性を検証するための効率的なアルゴリズムを得ることができる。また, データがどの程度効用最大化問題に当てはまるかを測る指数の計算が, NP困難と呼ばれるクラスの最適化問題に属することが示される。そして, 新しい基準として上述のネットワーク構造に照らして自然で, 安易に計算可能なものが提案される。This study examines a combinatorial or graph theoretic structure of the rationalizability test (revealed preference test) of a price-consumption dataset. This structure is common among linear and non-linear budget rationalizability test and clarifies the nature of the problem. The graph theoretic representation of the problem enables us to efficiently test the rationalizability of a given dataset and easily investigate the computational complexity of the violation sensitivity measures.
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234610-20151001-0061

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報