学術雑誌論文 連邦準備制度の支配者たち(1915~1955年) : 大恐慌期の組織改革と最高管理者の社会経済的背景

須藤, 功

108 ( 2 )  , pp.401(131) - 425(155) , 2015-7 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
故岡田泰男名誉教授追悼特集 : 経済学部における歴史研究 : 日本, アジア, そしてアメリカ挿図
本稿の目的は, 大恐慌期のアメリカ連邦準備制度のガバナンス改革が連邦準備政策の最高管理者の社会経済的背景に与えた影響を検証することにある。第1に, 連邦準備政策を主導した連邦準備銀行のガバナンス構造の変化を, これまで看過されてきた連邦準備局の裁量的改革に着目して特徴づける。次に, 連邦準備制度の最高管理者の社会経済的背景について創設から40年間(1915~1955年)の時系列的変化を分析し, ガバナンス改革の影響を解明する。The purpose of this study is primarily to survey the processes of governance reform in the Great Depression and their effects on the economic and social backgrounds of the top command of the Federal Reserve System. First, we trace the evolution of the governance and membership of the directors and governors/presidents of the Federal Reserve Banks. Second, we observe the annual trends in the economic and social backgrounds of the top executive groups of the Federal Reserve from 1915 to 1955 and examine how the Banking Act of 1935 and the partial purge of old-line executives in the mid-1930s affected their background.
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234610-20150701-0131

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報