学術雑誌論文 大正・昭和初期婦人団体による対議会活動と民法学者 : 「民法改正要綱」をめぐる穂積重遠と末弘厳太郎の見解

小沢, 奈々

88 ( 9 )  , pp.1 - 48 , 2015-9 , 慶應義塾大学法学研究会
ISSN:03890538
内容記述
論説
はじめに一 「民法改正要綱」の成立とその批判 (一) 臨時法制審議会における民法改正作業 (二) 昭和八年第六四回帝国議会衆議院「民法親族編竝相續編中改正ニ關スル建議案」二 婦人団体と「民法改正要綱」 (一) 婦人団体による民法改正への関心 (二) 婦人同志会による民法改正運動三 婦人同志会と民法学者 (一) 婦人同志会における二つの講演 (二) 穂積重遠の考える「婦人問題」そして「家族制度」おわりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00224504-20150928-0001

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報