紀要論文 セクシュアル・ハラスメントに対する事前防止措置の法的意義 : 就業時間外・就業場所外における事例を中心として

大賀, 朋貴

(33)  , pp.45 - 78 , 2015-10 , 慶應義塾大学大学院法務研究科
ISSN:18800750
内容記述
特集 : 法曹リカレント教育
第1 はじめに第2 均等法上の事前措置義務の概要第3 使用者責任 1 序論 2 事業執行性について (1) セクハラは事業執行性を有し得るか (2) 事業執行性の有無の判断枠組み (3) 事前措置と事業執行性の有無 3 免責事由について (1) 免責事由の有無の判断枠組み (2) 事前措置と免責事由の有無 4 事前措置と賠償責任の範囲 5 小括第4 企業自身の職場環境配慮義務違反に基づく損害賠償責任 1 序論 2 職場環境配慮義務の沿革 3 事前措置義務としての職場環境配慮義務の内容 (1) 過失の必要性及び内容 (2) 就業時間外, 就業場所外のセクハラ (3) 不法行為に至らないセクハラ 4 事前措置と職場環境配慮義務違反の有無 5 小括第5 まとめ
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AA1203413X-20151023-0045

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報