Departmental Bulletin Paper 刑の一部執行猶予と量刑判断に関する覚書 : 施行を1年後に控えて

小池, 信太郎

(33)  , pp.265 - 291 , 2015-10 , 慶應義塾大学大学院法務研究科
ISSN:18800750
Description
論説
はじめにI 前提とする刑事責任 : 全部実刑・全部猶予との関係II 一部執行猶予の制度趣旨と実質的要件 1 実質的要件① : 「犯情の軽重」からの相当性 2 実質的要件② : 再犯防止のための必要性・相当性 3 再犯のおそれが乏しい/特段の処遇を要しない者の取扱いIII 一部執行猶予の組立て : 全部実刑からの「変形」のあり方 1 前提 : 保護観察付が原則であること 2 「基本設定」の必要性 3 「基本設定」のイメージ 4 個別事案における調整おわりに
Full-Text

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AA1203413X-20151023-0265

Number of accesses :  

Other information