学術雑誌論文 「着弾距離」説と「海帯」観念の関係 : 一七世紀オランダの国家実行を主たる題材として

明石, 欽司

88 ( 6 )  , pp.1 - 27 , 2015-6 , 慶應義塾大学法学研究会
ISSN:03890538
内容記述
論説
序論第一章 「着弾距離」説と「海帯」観念を巡る理論状況 : 先行研究の整理 第一節 海帯を領海幅員決定の前提とする学説 第二節 海帯と領海幅員決定を分離する学説第二章 海洋における権限行使に関する一七世紀オランダの国家実行 第一節 漁業 第二節 海上礼式 第三節 臨検結論
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00224504-20150628-0001

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報