紀要論文 非上場会社の少数株主の締出しにおける公正な価格

佐藤, 信祐

106pp.133 - 165 , 2015-9 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 はじめに二 裁判例の傾向 (一) 反対株主の買取請求 1 公正な価格 2 裁判例で検討されている論点 (二) 取得価格決定の申立て 1 取得価格 2 裁判例で検討されている論点 (1) 増加価値分配価格を二〇%相当額とした裁判例 (2) DCF法により公正な価格を算定した裁判例三 公正な価格についての一考察 (一) 客観的価値の算定 1 マイノリティ・ディスカウント 2 非流動性ディスカウント 3 評価方法の選定 (二) 少数株主の締出しによる株式価値の増加の可能性 (三) 公正な価格の算定方法 (四) 事前に株式を買い集めた場合の取扱い (五) 買収後に少数株主を締め出した場合の取扱い (六) 株式評価の公平性の確保四 むすび
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20150915-0133

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報