Departmental Bulletin Paper 一九六〇年代イギリス軍用機開発の転換 : 国家産業基盤から欧州多国間へ

市毛, きよみ

106pp.67 - 100 , 2015-9 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
Description
一 はじめに二 一国完結型航空機産業基盤の解体 (一) イギリス航空機産業の構造 : 軍事創造物としての航空機産業 (二) 米の台頭, 仏独の再建とイギリス航空機産業 (三) 航空機省の設立と産業再編 : 産-官による一九六〇年代開発計画 (四) ウィルソン労働党政権による軍用機キャンセルとそのインパクト三 プラウデン委員会による産業の位置づけの再検討 (一) プラウデン委員会の設置 : 航空機産業は必要なのか (二) 国際共同開発パートナー論争 : アメリカかヨーロッパか (三) フランスとの軍用機共同開発四 欧州多国間航空機産業基盤へ : 新たな政-産関係? (一) 航空機産業界の意向 (二) プラウデン委員会の結論 : 欧州航空機産業基盤へ (三) 航空機省の解体と産業の再編五 おわりに
Full-Text

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20150915-0067

Number of accesses :  

Other information