Journal Article 「歴史的社会科学」の成立 : 1960年代から70年代半ばのドイツ社会史群像

矢野, 久

108 ( 1 )  , pp.35 - 69 , 2015-4 , 慶應義塾経済学会
特集 : 歴史認識の現在 : 理論と実証
1960年代から70年代半ばにおけるドイツ歴史学の新たな展開がどのような性格をもっていたのかを解明する。伝統的歴史学から「歴史的社会科学」への転回を自己認識していたこの歴史学は, 社会科学として歴史学を構築しようとするものであり, それは狭義の「社会史」Sozialgeschichteではなく広義の「全体社会の歴史」Gesellschaftsgeschichteとしての社会史であった。この自己認識が実際にはどのようなものであったのかを批判的考察の対象とし, なにゆえに同時期のフランス・アナール学派の歴史学とは異なる道を歩んだのかを明らかにする。This study investigates new developments in German historiography from the 1960s to the mid-1970s. This "new" history revolutionizes traditional historiography through an "historical social science" approach : it is an attempt to look at history as a social science. In this study, "social history" (Sozialgeschichte) is more broadly defined as the "history of society" (Gesellschaftsgeschichte). This study critically examines this assumption using factual information and clarifies why German social history and the French Annales school evolved differently during the same period.

Number of accesses :  

Other information