Departmental Bulletin Paper 三木清の人間学におけるデモーニッシュ概念の社会教育的研究(IV) ─人間のデモーニッシュな側面をめぐる学習論的展開─
Study of the `Dämonische' Concept in Miki Kiyoshi's Anthropology from the Viewpoint of Adult and Community Education( IV): The Learning Theory Developed in the `Dämonische' Concept

堂本, 雅也  ,  山田, 正行

66pp.223 - 248 , 2018-02-28 , 大阪教育大学
ISSN:24329630
NCID:AA12812439
Description
本研究は,社会教育の領域において人間本来のデモーニッシュな暗い力が生かされるべきであることを,三木清の人間学におけるデモーニッシュ概念を手がかりに論証するものである。小論では,シリーズIV(最終稿)として,人間のデモーニッシュな側面をめぐる学習論的展開について考察した。その結果,三木の人間学におけるデモーニッシュ概念の人間化への条件が社会教育にあることを明らかにした。
In this study, we take up the `Dämonische' concept in Miki Kiyoshi's Anthropology to argue persuasively that human's demonic evil power by nature should be utilized in the domain of adult and community education. In this article of the fourth time of series, we considered the learning theory developed in the `Dämonische' concept. As a result, we clarified that adult and community education brings about humanization of the `Dämonische' concept in Miki Kiyoshi's Anthropology.
Full-Text

http://opac-ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00030581&elmid=Body&fname=kj2_66_223.pdf

Number of accesses :  

Other information