Departmental Bulletin Paper 組立体操と集団行動に対する教育現場の認識と実施に関する研究
Study on Recognition and Enforcement of a Group Gymnastics and a Group Action

小川, 剛司  ,  杉森, 勇太  ,  林, 洋輔

66pp.37 - 48 , 2018-02-28 , 大阪教育大学
ISSN:24329630
NCID:AA12812439
Description
本稿は教育現場における組立体操と集団行動に対する教職員の認識や実態について調べることを目的とした。調査の方法として現職小学校教員および教職課程所属大学生を対象とする質問紙法を採用した結果,次のことが明らかとなった。第一に,調査対象となった者のうちの多くは組立体操の実施に肯定的であり,集団で活動を行うことによる協働の楽しさや達成感を味わうことをねらいとして実施されていることが明らかとなった。第二に,調査対象においては実施に際する安全を確保すべきとの認識が高く,これについて消極的な認識を示す調査対象者であっても,安全の確保における教育的意義を認める者が多数であった。そして第三に,集団行動の実施についても現職教員では大多数がこれを肯定的に捉えており,単に能率性および安全性だけでなく,児童間でのグループワーク等も集団行動として扱うことでこの活動に教育的意義を見出していることが明らかとなった。
This study was aimed to investigate the recognition and actual condition of a group gymnastics and a group action at the practical education field. Survey was conducted by the questionnaire method for elementary school teachers and university students belonging to teacher's courses. As a result, affirmation of conducting a group gymnastics was the majority as far as assuring children's safety, and the aim of conducting a group gymnastics is to experience the enjoyment of gymnastics and the co-operation by doing a group gymnastics. Moreover, affirmation of conducting a group action is a large majority. The objective is not only to assure an efficiency and safety in education, but also to ensure a group work among children.
Full-Text

http://opac-ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00030569&elmid=Body&fname=kj2_66_037.pdf

Number of accesses :  

Other information