Journal Article 問題演習の教え合い活動を取り入れた物理の授業実践とその効果の検証
A Teaching Practicum Report and the Verification of Result on Physics Classes in which Students Teach Each Other Problems

水口, 翔太郎  ,  秋吉, 博之

(11)  , pp.1 - 14 , 2018-01-25 , 大阪教育大学教職教育研究開発センター
ISSN:21891206
NCID:AA11592097
Description
大阪府内のA高等学校で問題演習の教え合い活動を取り入れた物理の授業を実践し、その効果を検証した。この授業は「1)授業内容の説明(15分)、2)問題演習の教え合い活動(25分)、3)振り返り(10分)の三部構成」になっている。この授業を2クラスで実施し、別の1クラスで講義の授業を行った後、その単元のテストを実施し、点数を比較した。その結果、問題演習の教え合い活動を取り入れた授業を実施した2クラスの方が平均点は高くなったが、標準偏差も大きくなり、得点の分布が上位層と下位層に分かれた。授業内容を相手に話すこと、説明する等の行為は高次の思考であり、理解を深める。教えることができる生徒と教えられる生徒に分かれ、理解度に差を生んだと考えられる。
Full-Text

http://opac-ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00030386&elmid=Body&fname=kjk_11_001-014.pdf

Number of accesses :  

Other information