紀要論文 世界史でアクティブ・ラーニング×思考力×学校図書館 ─対話型鑑賞の活用とカリキュラムデザイン─

船浪(藤井), 聡子

49pp.5 - 16 , 2017-03-01 , 大阪教育大学附属高等学校池田校舎
NII書誌ID(NCID):AN00161845
内容記述
アクティブ・ラーニングは、生徒の学習活動を主体的で対話的で深い学びへと変化させるためにいま期待されている手法である。歴史教育においてアクティブ・ラーニング型授業を、単元のまとめとなるような段階で理解を深めるために取り入れた。そのカリキュラムデザインを学校図書館司書とともに試みた。また絵画の対話型鑑賞を、パフォーマンス課題に生徒が取り組む動機付けにし、協同で主体的に学ぶ授業を組み立てた。
本文を読む

http://opac-ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=TD00030236&elmid=Body&fname=kk_og_ikeko_49_005-016.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報