紀要論文 トエアンシルヴァニアのウニターリウシュ教会における改宗離婚制度の形成(1868-1880年)
Institutionalization of the Divorce Linked with Religious Conversion in the Unitarian Church of Transylvania (1868-1880)

渡邊, 昭子

64 ( 2 )  , pp.31 - 51 , 2016-02-29 , 大阪教育大学
ISSN:03893456
NII書誌ID(NCID):AN00028186
内容記述
トランシルヴァニアのウニターリウシュ教会に残された離婚裁判文書を基に,個々の事例を再構成しながら改宗離婚の増加と種類の多様化をたどり,同教会が,既存の教会法や慣行,新たに成立した国法に依拠しながら改宗離婚の制度を成立させるまでの経緯を明らかにし,近代ハンガリーおよびオーストリアの婚姻制度における宗教・教会の役割と結婚観の変化を考察した。
After 1868 mainly Catholics started to convert to Unitarian to get a divorce in Austria-Hungary, and the Unitarian Church tried to cope with them by working out logics of divorcee judgment and judiciary proceedings. In this article I examine the patterns of these divorces linked with religious conversion and the institutionalization of this divorce procedure in the Unitarian Church in the light of secularization.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28750/1/KJ2_6402_031.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報