Departmental Bulletin Paper 浪曲の「語り」の生成原理をめぐる予備研究 ―〈野狐三次〉を素材に― (後編)
A preliminary study on the generative principle of the oral narrative in rôkyoku ―Through the analysis of Nogitsune Sanji―

北川, 純子

64 ( 2 )  , pp.33 - 52 , 2016-02-29 , 大阪教育大学
ISSN:03893448
NCID:AN00028164
Description
本稿の目的は,浪曲師の初代東家浦太郎が口演した〈野狐三次〉に焦点を定め,浪曲の「語り」はどのように生成されるのか,という問題の一端を探ることにあった。既発表の「浪曲の『語り』の生成原理をめぐる予備研究(前編)」(北川 2014)では,講談で〈野狐三次〉の物語が形成された経緯をたどるとともに,三次を題材とした浪曲の史的音盤の分析を行い,講談と浪曲のどちらにおいても,物語を構成する「エピソード」の取捨選択,組み替え,変形が,一回一回の「語り」の特徴をなしていることを導出した。後編をなす本稿では,「エピソード」の取捨選択,組み替え,変形と並んで,一点目に詞章文言,二点目に,詞章のほぼ7モーラ+5モーラのひとまとまりに対応する,ある程度の定型性を有した旋律断片1),それぞれに関して,取捨選択,組み換え,変形が見られることを導き出した。譜面を用いることなく伝承と実演が行なわれる浪曲においては,重層的レベルでの「単位」の取捨選択,組み換え,変形が,一回一回の口演現場での「語り」の生成原理として働いている可能性がある。
The purpose of this article was to examine the principle by which rôkyoku (naniwabushi) recitation is generated through the analysis of Nogitsune Sanji by Azumaya Uratarô the 1st (1919–2004), who was one of the most well-known rôkyoku reciters. Results of an analysis of ten versions of Nogitsune Sanji by master Uratarô reveal that the episodes, textual pieces, and melodic fragments are rearranged and modified at each demonstration. As such, the rearrangements and modifications of the multi-level ‘units’ serve as the principle that can generate the storytelling narrative of rôkyoku. This principle produces both the diversity and individualistic nature of rôkyoku demonstrations.
Full-Text

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28746/1/KJ1_6402_033.pdf

Number of accesses :  

Other information