紀要論文 私立小学校における系統的な障害理解教育プログラムの作成に関する研究(第Ⅱ報) ─プログラムの効果の検証を通して─
The Creation of Systematic Special Needs Understanding Educational Program in Private Elementary Schools (2nd Report) ─ Verification of the Effects on the Program ─

小林, 智志  ,  梁, 真規  ,  今枝, 史雄  ,  楠, 敬太  ,  金森, 裕治

64 ( 2 )  , pp.29 - 38 , 2016-02-29 , 大阪教育大学
ISSN:03893472
NII書誌ID(NCID):AN00028222
内容記述
本研究は,授業前後に児童に実施したアンケートの分析を通して,K小学校における障害理解教育プログラムの効果の検証と今後の改善点を明らかにすることを目的とした。授業前後で障害理解教育アンケートの平均得点を比較した結果,障害理解の発達段階を踏まえ,第1段階:気づきの段階として「障害のある人々との関わり」,第4段階:態度形成段階として「交流及び共同学習の実施」が有効であることが示唆された。今後の改善点として,適切な事前学習の検討や対象障害種別に特化したアンケート項目の作成などが挙げられた。
This study was clarified the effectiveness and future improvement of special needs understanding educational program in K elementary school through the analysis of the questionnaire was carried out before and after class to target children. As the results of a comparison of the average score of special needs understanding educational program questionnaire before and after class, based on the developmental stage of understanding for disabilities, it was suggested that the implementation of exchange activities and collaborative learning for the purpose of attitude formation is effective. As future improvements, we will consider the appropriate prior learning, and create a questionnaire that specializes in the type of disabilities.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28733/1/KJ4_6402_029.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報