紀要論文 大阪における「子育て支援ガイドブック」の提案
Examination of Parenting Guide Books in Osaka

杉村, 千聖  ,  鈴木, 真由子

64 ( 2 )  , pp.47 - 56 , 2016-02-29 , 大阪教育大学
ISSN:03893480
NII書誌ID(NCID):AN00028233
内容記述
2012年に子ども・子育て関連3法が可決され,子育てに関する外的・内的援助の両方が進められつつある。本研究では大阪府下の自治体が発行する「子育て支援ガイドブック」を対象に,発行状況を明らかにするとともに内容整理を行った。その結果,大阪においては全体の約4分の3の自治体において子育て支援ガイドブックが発行されており,子育て支援ガイドブックの発行有無については自治体人口との関連が明らかとなった。発行のメリットについてはデジタルデバイドや手元に置いておけることの利点,情報量の多さなどが挙げられた。その反面,予算の問題やインターネットによる情報提供に比べ修正や更新が困難であることなどのデメリットも挙げられた。また,子育て中の親に対するヒアリングを行い,その中で子育て支援ガイドブックには一定のニーズがあることが明らかになった。以上の結果を踏まえ,大阪府における子育て支援ガイドブックに必要と思われる情報を整理した冊子を作成し,評価を得た。
In 2012, three laws regarding children and child care were adopted to promote parenting aids. In this study, we researched the number of Osaka communities that publish parenting guide books and what information they include. We found that about three-quarters of these communities publish parenting guide books. The decision of whether or not to publish them was related to population. Local civil servants told us some merits of parenting guide books: to be able to close the digital divide, keep information close at hand, hold a large quantity of information in it, and so on. Then we researched the needs of parenting guides through interviews with parents. Finally, we made an experimental parenting guide book and asked parents and local civil servants to evaluate it.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28728/1/KJ5_6402_047.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報