紀要論文 生徒の科学的思考力を高めるための探究活動の改善と実践 ─プロセス・スキルズの習得に注目して─
Improvement and Practice of Scientific Inquiry to Increase the Students' Scientific Thinking ─ Focused on the Acquisition of Process Skills ─

網代, 佳佑  ,  畦, 浩二

64 ( 2 )  , pp.1 - 12 , 2016-02-29 , 大阪教育大学
ISSN:03893480
NII書誌ID(NCID):AN00028233
内容記述
本研究において,プロセス・スキルズの習得を通して生徒の科学的思考力が高まるかを検討した。実践に先立ち,中学校理科第2学年の粒子領域の実験を習得できるプロセス・スキルズが多く含まれる探究活動に改善した。その結果,以下の2点が明らかになった。(1)科学的思考力を構成する「解決方法を立案する能力」と「結論を出す能力」の2つの能力が有意に向上した。(2)一部の下位プロセスは一度の実践では習得されなかった。今後の課題は,科学的思考力を構成するその他の能力もプロセス・スキルズの習得を通して高まるかを検証することである。
In this study, the authors examined whether the students' scientific thinking would increase by acquiring process skills. The improved scientific inquiry was practiced by the 2nd grade of lower secondary school science. The results were the following: (1) “The ability to draft the solution" and “the ability to give the conclusion" constituting the scientific thinking increased significantly. (2) Some process skills were not acquired by one practice by students. The future problem is to inspect whether other abilities constituting the scientific thinking will increase by acquiring process skills.
本文を読む

http://opac-ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=BD00015122&elmid=Body&fname=KJ5_6402_001.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報