紀要論文 私立中学校における系統的な障害理解教育プログラムの作成に関する研究(第Ⅰ報) ―各学年の障害理解の発達段階の様相―
The Creation of Systematic Special Needs Understanding Educational Program in Private Elementary Schools (1st Report) ─ Aspects of the Developmental Stage of Special Needs Understanding in Each Grade ─

小林, 智志  ,  梁, 真規  ,  今枝, 史雄  ,  金森, 裕治

64 ( 1 )  , pp.127 - 136 , 2015-09-30 , 大阪教育大学
ISSN:03893472
NII書誌ID(NCID):AN00028222
内容記述
本研究では「系統的な障害理解教育プログラム」の作成のため,アンケートの分析を通して,各学年における児童の障害理解の発達段階の様相について明らかにすることを目的とした。その結果,第3学年では第4段階:態度形成段階が見られなかったものの,第4学年から第6学年にかけて増加する傾向にあることが明らかになった。今後は本研究で明らかとなった児童の障害理解の発達段階の様相を踏まえ,授業目標を設定したり,学習内容を選定したりすることが必要であると考える。
This study was clarified the aspects of the developmental stage of special needs understanding in each grade for the creation of systematic special needs understanding educational program. As a result, the third-grade children didn't reach “Stage 4: Attitude formation stage”, but the number of children that reached “Stage 4: Attitude formation stage” tended to increase from the fourth-grade to the sixth grade. In the future, we will need to set the target, and choose contents of learning based on the aspects of developmental stages of special needs understanding.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28646/1/KJ4_6401_127.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報