Departmental Bulletin Paper 高校生の自己受容・他者受容と親との関わりの関連
Relevance of Development of Acceptance of Self-Others in High School Students and Relation with the Parent

藤川, 順子  ,  大本, 久美子

64 ( 1 )  , pp.81 - 92 , 2015-09-30 , 大阪教育大学
ISSN:03893472
NCID:AN00028222
Description
本研究では高校生期の自己および他者受容の形成に着目し,高校生に対する質問紙調査の結果から,親との会話頻度・親からの共感感・親からの理解感と高校生の自己および他者受容得点の関連を分析した。自己および他者受容尺度の測定では5件法を用い,有効回答数は760であった。その結果,父親,母親との会話頻度や,親から共感されていると感じること,理解されていると感じることと,子どもの自己および他者受容得点には関連がみられた。さらに,子どもの性別や父親,母親との組み合わせによって異なる特徴がみられることが分かった。これらの結果から,子どもの養育における,共感や理解といった受容的な関わりは,従来母親がその責任を第一に担ってきた経緯があるが,高校生期の自己および他者受容の形成において,父親の受容的な関わりがより多くの良い影響を寄与することが示唆された。
Acceptance of self and others in high school students (N=760) was examined in relation to levels of parental support using a questionnaire composed of five-point Likert items. Parental support included child-parent conversation frequency, level of empathy, and level of understanding. Results indicated that self-acceptance and acceptance of others correlated with parent-child conversation frequency and perceived levels of empathy and understanding. We found out that the different feature is judged from the distinction of sex of the child and combination with a father and a mother. Although in Japan the mother is traditionally viewed as being primarily responsible for raising children, these findings suggest that fathers can contribute much to a child’s sense of well-being and ability to form relationships with others.
Full-Text

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28643/1/KJ4_6401_081.pdf

Number of accesses :  

Other information