紀要論文 「省察する教師」を養成する教育実習の開発 ─カンファレンスを組み込んだリフレクション・プログラムの検証─
The Development of Student Teaching to train “the Reflecting Teacher” ─ Verifying the Reflection Program in order to incorporate a Conference ─

馬野, 範雄  ,  新坊, 昌弘  ,  菱田, 準子  ,  恵美, 成至  ,  橋本, 隆公

64 ( 1 )  , pp.55 - 67 , 2015-09-30 , 大阪教育大学
ISSN:03893472
NII書誌ID(NCID):AN00028222
内容記述
本研究は,教育実習期間中に「事前カンファレンス」「中間カンファレンス」「事後カンファレンス」という3回のリフレクションの場を構成し,教育実習生の授業実践に対する理解を深め,授業実践力を高めようとするものである。2011年より実践的研究を始めたが不十分な点が多く,実習期間中におけるカンファレンスの位置づけ,カンファレンスにおけるグループ編成,カンファレンスにおけるアドバイザーの導入などの改善を加え,その成果としてリフレクション・プログラムの効果を検証している。授業の見方や授業実践にあたっては,先行研究から導き出した「子ども理解」「教材理解」「授業構成」「指導技術」「教師の資質」という5つの観点からグループで検討し,多様な見方を出し合うことで,授業に対する見方や自分の授業改善への意欲を高めることに効果があることを明らかにしている。
This research is one which tries to improve class practice power, deepen the understanding of class practice by the student teacher, and compose three reflection conferences, “a diagnosis,” “a formative conference,” and “a general conference,” during the student-teaching period. The research began to be practiced in 2011, but improvements have been added, such as placing a conference in the practice period, group organization about the conference, and the introductionof the adviser in regard to the conference. As a result, the research is verifying the effect of the reflection program.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28641/1/KJ4_6401_055.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報