紀要論文 学級経営へのアプローチとなる総合的な学習の時間の展開 ─「平野ハートフルプロジェクト」の取り組みから─
Development an “Integrated Studies Period” Useful for Classroom Management By Using the “Hirano Heart-warming Project”

四辻, 伸吾  ,  馬野, 範雄

64 ( 1 )  , pp.75 - 84 , 2015-09-30 , 大阪教育大学
ISSN:03893480
NII書誌ID(NCID):AN00028233
内容記述
本研究は,児童が探究的な学習を通して,学級経営のアプローチとなることのできる総合的な学習の時間の在り方について提案するものである。5年生の総合的な学習の時間として,「心のぬくもり」を自分たちが感じるためには,どのような方法があるかについて考え,実際に自分たちが考えた「心のぬくもりを感じるための活動」を学級全体で行うという,「平野ハートフルプロジェクト」を実施した。取り組み後,児童の多くが,学級に対する肯定的な変化を感じており,本取り組みが学級経営へのアプローチとして有効であることが明らかとなった。
This study was conducted to identify methods of developing integrated studies that are useful for classroom management, through exploratory learning conducted by children. “Hirano Heart-warming Project,” a project in which children could think about ways for feeling “the warmth of the heart,” as well as “activities for feeling the warmth of the heart” developed by the children were conducted with fifth graders during the integrated studies period. After conducting the project, many children felt positive changes in the class. It is suggested that this project is effective for classroom management.
本文を読む

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28633/1/KJ5_6401_075.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報