Departmental Bulletin Paper 性犯罪被害児・者の実態とその課題 -民間被害者支援団体の調査結果を踏まえて-
Actual Situation and its Challenges of Sexual Crimes Victims From Survey Results of Private Victim Support Organization

大岡, 由佳  ,  野坂, 祐子  ,  中島, 聡美  ,  岩切, 昌宏

7pp.55 - 68 , 2015-03-31 , 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター
ISSN:1883745X
NCID:AA12391002
Description
民間被害者支援団体が過去5カ年の間に受けた性犯罪被害児・者のケースについてレトロスペクティブ調査を行った。本調査多少として101件が該当したが、そのうち6割以上が警察等からの支援要請によってサポートが開始されていた。肥大者の平均年齢は18.8才であり、未成年は母親が、成人は被害者本人が主な相談者となっていた。考察として、犯罪被害児・者のhelp-seekingの問題や、トラウマに関する知識を教育関係者が有することで他機関と連携していく重要性等について述べた。また、性犯罪被害を含む犯罪被害者支援をよりよいものとするために、市区町村の相談窓口を充実させる必要性があることについても言及した。
In this study, in order to explore the challenges the reality of sexual crime victim assistance, a retrospective study was performed on a private victim support organization during the past five years. While 101 cases were as this survey has been applicable, more than 60% had been supported by the police request. The average age of victims was 18.8 years old. First, we discuss the problems of help-seeking of victims and how serious they are after crime. Secondly, we point out the importance of trauma knowledge especially for educators at when they have to treat children who are traumatized. Lastly, we suggest that ability and skill of city should be enhanced.
Full-Text

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28263/1/g_mentalcare_7_55-68.pdf

Number of accesses :  

Other information