Departmental Bulletin Paper 平成26年8月広島県土砂災害に見る今後の地域防災における課題
The Future Task for Regional Disaster Prevention Learned from Debris Flow Disaster Occurred at Hiroshima City in 2014

後藤, 健介  ,  磯, 望  ,  黒木, 貴一  ,  宗, 健郎  ,  黒田, 圭介  ,  後藤, 恵之輔

7pp.32 - 39 , 2015-03-31 , 大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター
ISSN:1883745X
NCID:AA12391002
Description
広島県広島市に置いて平成26年8月20日に発生した土石流災害は、死者74名を出し、近年発生した土砂災害の中でも甚大なものとなった。広島市では、以前から土砂災害が多く発生しており、過去の災害を教訓として土砂災害防止法が制定されるなど、土砂災害に対する危機意識は他県と比べて高い方であったと考えられる。しかしながら、今回の土石流災害では大きな被害を出してしまった。本研究では、現地調査や種々の資料収集を実施し、今回の土石流災害の特徴を多角的に捉えた。これらの結果を踏まえ、地域防災を見つめなおすとともに、今後の防災教育に何が必要かなど、土砂災害対策の今後の課題について検討した。
The debris flow disaster occurred at Hiroshima city at August 20, 2014, where 74 lives were lost. Because Hiroshima city has lots of sediment disasters from before, their sense of impending crisis has been strong. Actually Japanese government has enacted "Sediment Disasters Prevention Act" learned from the past disaster at Hiroshima city. We have conducted some field surveys, and have grasped from various angels a character of the debris flow disaster occurred at Hiroshima city. To summarise, we have investigated about the future task for regional disaster prevention.
Full-Text

http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/28261/1/g_mentalcare_7_32-39.pdf

Number of accesses :  

Other information