学術雑誌論文 沖縄島から採集された日本初記録のミナミヨコナガモドキ ( 新称) Asthenognathus hexagonum Rathbun, 1909 ( 十脚目: 短尾下目: モクズガニ科)

前之園, 唯史  ,  Maenosono, Tadafumi

40pp.1 - 9 , 2018-01-08 , 琉球大学資料館 (風樹館) , Ryukyu University Museum, Fujukan
ISSN:2187-6657
内容記述
琉球列島の沖縄島から採集された標本 に基づき, 日本初記録のミナミヨコナガモド キ ( 新称) Asthenognathus hexagonum Rathbun, 1909 を報告する. 本研究により本種の分布記録 の北限と東限が大きく更新された. 標本が採集 された状況から, 本種がギボシムシ類の巣穴に 生息していることが示唆された. 本稿ではさら に, 本種と同属のヨコナガモドキA. inaequipes Stimpson, 1858 の識別形質についても記述した.
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/38692/1/FR40-1_Maenosono.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報