紀要論文 固定資産の減損損失と主観のれんの関連性

多賀, 寿史  ,  Taga, Hisashi

(90)  , pp.45 - 51 , 2015-09-30 , 琉球大学法文学部 , Faculty of Law and Letters University of the Ryukyus
ISSN:0557-580X
NII書誌ID(NCID):AN00250468
内容記述
本稿で検討したことは、次の3点である。①日本における減損会計基準は、エドワーズ=ベルの「経営利益の理論と測定j の第2章の主観のれん説を軸に組み立てられていること、②主観のれんの本質は、投資プロジェクトの全体計算における投資価額の超過分であり、主観のれんの実現部分が利益計算に組み込まれていること、そして、③日本の会計基準における減損測定には、主観のれんが回収できないと推定される部分を測定している点に特徴がある。
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/34665/1/No90p45.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報