Departmental Bulletin Paper 文型積み上げ式シラバスによる初級日本語学習修了者の課題遂行能力 : ロールプレイテストによる評価と質問紙調査の質的分析を通して
The Structural Syllabus and Learner's Task Competence : through the Evaluation by Role Play Test

山元, 淑乃  ,  Yamamoto, Yoshino

3pp.55 - 63 , 2016-03 , 琉球大学留学生センター , International Student Center University of the Ryukyus
ISSN:2188-4501
NCID:AA12675768
Description
本研究は、文型積み上げ式シラバスにより初級日本語学習を修了した学習者の課題遂行能力を測定し、その教育効果や問題点を検証することを目的とする。文型積み上げ式シラバスによる4ヶ月間の初級日本語集中コース修了生20名に対し、「JF 日本語教育スタンダード準拠ロールプレイテスト」を実施し、その課題遂行能力を評価した。また質問紙とインタビューにより、受講生たちの学習に対する態度や志向を調査した。ロールプレイテストの結果、20名の研究参加者のうち、5名がB1レベル、9名がA2レベル、5名がA1レベル、A1に達しない者が1 名という判定であった。質問紙の回答結果とインタビューの質的分析からは、【学習目標の変質】【全理解志向】【知識と実践の乖離】【媒介語の希求】【絶対的文法理解】といった受講生達の志向や心理が浮き彫りになった。
This paper examines the task competence which learners gained in the sentence-pattern focused learning style. Twenty students took the role play test provided by the Japan Foundation after completing an intensive 4-month basic Japanese language course within the structural syllabus. The test results showed that 5 students were evaluated as B1 level, 9 as A2, 5 as A1, and 1 as lower than A1 level. The qualitative analysis of the questionnaire and interview taken after the role play test showed some actual conditions of learning and learners’ aspirations like “altered learning object,” “complete understanding attitude,” “dissociation of knowledge from practice,” “aspiration for vehicular language,” and ”absolute grammar-comprehension.
Full-Text

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/33845/1/Vol3p055.pdf

Number of accesses :  

Other information