紀要論文 占領期沖縄における慈善レベルの琉米関係 : アメリカ人神父がつくりだしたカトリック教会の政治的独立性
The American and Ryukyuan Charitable Relations 1945-1971 : How American Catholic Fathers Established the Political Independence

向井, 洋子  ,  Mukai, Yoko

(5)  , pp.45 - 60 , 2016-02-29 , 琉球大学国際沖縄研究所 , International Institute for Okinawan Studies
ISSN:2186-7933
NII書誌ID(NCID):AA1256967X
内容記述
冷戦期を通して、占領期沖縄の琉米関係は、主として支配―被支配の関係で論じられてきた。しかし、沖縄のカトリック教会はアメリカ人神父が政治的独立性を堅持し、沖縄戦で荒廃した地でカトリックの布教と社会福祉事業を行ってきた。本稿は、ここでアメリカ人神父が構築した慈善レベルの琉米関係の形成過程を歴史的にたどり、占領期沖縄に支配―被支配の関係ではない、「トモダチ」としての琉米関係が存在したことを明らかにする。そのうえで、沖縄におけるアメリカ観の多様性の必要性を論じていく。
After the Cold War period, the American and Ryukyuan Relations has been mainly discussed concerning "rule - cover rule" for the occupation period. However, an American Father Felix Ley maintained political independency, and the Catholic Church of Okinawa performed propagation and social work. I follow the formation process of American and Ryukyuan Relationship at the charity level that Fr. Felix Ley built here historically and clarify the American and Ryukyuan Relationship of "friend" relations which existed in Okinawa for the occupation period. With that in mind, I discuss a variety of outlooks concerning the United States in Okinawa.
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/33746/1/No5p45.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報