紀要論文 Leisure Lifestyle and Health in Okinawa
沖縄におけるレジャーライフスタイルと健康の研究

DONG, Erwei  ,  Arakawa, Masashi  ,  荒川, 雅志

7pp.21 - 31 , 2015-12-01 , 琉球大学大学院観光科学研究科 , Graduate School of Tourism Sciences, University of the Ryukyus
ISSN:1881-6762
NII書誌ID(NCID):AA12204171
内容記述
Limited previous research on leisure (both active and passive leisure) investigated how leisure activities impact people’s health in cross-cultural settings and there is no research on exploring relationships between leisure activities, leisure constraints, and health. In this study, a total of 250 questionnaires are collected at the end of a two-week data collection period in an aging village in Okinawa, Japan. Average age of the samples is 71.10 year old with 53.6 percent male participants. This study confirmed that leisure lifestyle (leisure activities and leisure constraints) impacts physical and mental health. Leisure lifestyle has positive outcomes that improve well-being, increase happiness, and reduce stress. In addition, socioeconomic status (SES) has no impact on health, however, only age and education level were moderately related to leisure lifestyle including leisure activities and leisure constraints. This study contributes to understandings of the relationship between leisure lifestyle, health, and SES cross-culturally.
余暇(レジャー)が人々の健康に及ぼす影響について異文化間において検証された研究はこれまでほとんどみられず、日本において余暇活動および制約要因と健康との関係を明らかにしたものはない。本研究では、長寿地域として知られる沖縄県を対象に、本島都市部郊外部の間に位置し県高齢化人口比率に近似する北中城村において、余暇活動および余暇制約要因と健康に関するアンケート調査を実施した。調査表の回収総数は250(男性134名、女性116名)、回答者の平均年齢は71.1歳であった。分析の結果、余暇活動と制約要因と心身の健康に有意な関連が認められた。年齢、教育レベルと余暇活動および余暇制約要因にも関連が認められた。社会経済因子と健康には関連が認められなかった。ケースが少なく更なる調査が必要であるが、社会経済要因や文化背景要因が異なるアメリカ、台湾、韓国、中国で筆者らが実施してきた先行研究と比較可能な研究と考えられる。
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/33407/1/Vol7p021.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報