Departmental Bulletin Paper 複式学級における特別支援教育の「困り感」と「よさ」 : 西表島の小中学校の管理職者及び八重山諸島の市町村教育委員会担当者に対する訪問調査から
A Survey about Difficulties and Merits of Special Needs Education in Combined Classes : A Interview-Research of Head Teachers of Elementary and Middle Schools in Iriomote Island and People in Charge of Yaeyama Local Government

田中, 敦士  ,  照喜名, 聖実  ,  細川, 徹  ,  森, 浩平  ,  Tanaka, Atsushi  ,  Terukina, Mitami  ,  Hosokawa, Toru  ,  Mori, Kohei

Description
本研究では、八重山諸島西表島内のすべての小中学校の管理職者並びに八重山諸島の市町村教育委員会の担当者を対象に聞き取り調査を実施し、複式学級における特別支援教育の「困り感」および「よさ」 を集約することを目的とした。調査項目として、「特別な支援を要する児童生徒の有無とその対処」、「特別支援教育に関する離島ならではの取り組み」、「複式学級における特別支援教育のよさ」、「複式学級での特別支援教育への困り感」、「沖縄本島に発信したい取り組み」 の計5項目を設定した。その結果、小中学校における特別な支援を要する児童に対する対処について、適切に行っている学校と困り感を有している学校の二つに大きく分けられた。小規模校における複式学級においては、自然な形でインクルーシブ教育が行われている一方、複式指導や特別支援教育に関する教員の専門性の問題も浮き彫りとなった。
Full-Text

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/32436/1/No87p175.pdf

Number of accesses :  

Other information