紀要論文 教育制度設計の多様性に関する理論分析
Theoretical Analysis on the Variety of Education System among OECD Countries

岩橋, 培樹  ,  Iwahashi, Roki

(89)  , pp.89 - 111 , 2015-03-30 , 琉球大学法文学部 , Faculty of Law and Letters University of the Ryukyus
ISSN:0557-580X
NII書誌ID(NCID):AN00250468
内容記述
先進諸国の教育制度を比較すると、能力別選抜によって専門化を実施する年齢、そして専門コースごとの学生比率が意外なほど多様であることに気づく。本論文では、生徒が早期に専門化することのメリットとデメリットによって特徴付けられる理論モデルを展開し、このような教育制度設計の多様性を説明する。理論モデルにもとづいて、20ヵ国のデータからカリブレーションを行った結果、教育制度の異質性が概ね良好に再現された。とりわけ、政府が生産性最大化を意図して設計した教育制度と、政府と家計によって民主的に設計した教育制度とを比較し、後者の方が現実の説明力が高いことを示した。
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/31818/1/No89p089.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報