紀要論文 占領期沖縄における「パブリック・ディプロマシー」 : 翁長君代が導いた意図せざる結果
Kimiyo Onaga and public diplomacy in Okinawa, 1945-1972

向井, 洋子  ,  Mukai, Yoko

(4)  , pp.17 - 31 , 2015-03-30 , 琉球大学国際沖縄研究所 , International Institute for Okinawan Studies
ISSN:2186-7933
NII書誌ID(NCID):AA1256967X
内容記述
占領期沖縄におけるアメリカの文化政策は、アメリカ統治を円滑にすすめるための働きかけを市民に行っていくことだと考えられてきた。そして、アメリカ軍政府が設立した琉球大学や琉米文化会館は、その文化政策を実行する場とみなされてきた。しかし、なかには政府や大学という公的な枠組みを超えて、独自の関係を築いた人物がいた。琉球大学家政学科の翁長君代である。本稿は、元来、「人好きのする、親しみやすい」性格であった翁長が、アメリカ人と接するなかで、公共性をもつ慈善活動に目覚め、アメリカ軍政府の本音とは異なる方向で活動の輪を広げていった過程を論じる。
It has been thought that an American culture policy in the occupied Okinawa was to perform pressure to advice citizens about the rules smoothly. University of the Ryukyus and the Ryukyuan-American Cultural Center, which American military government established, have been considered to be the place that carried out American culture policy. However, there was a person who stood against the policy. This is the Professor Kimiyo Onaga, University of the Ryukyus. She carried out a public diplomacy with the United States across the public frame. Onaga opened waking, the ring of the philanthropy to personal philanthropy to have a kind of publicity originally while Onaga that had a character "to be easy to get close where the popularity makes" contacts with Americans.
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/123456789/31095/1/No4p017.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報