その他 南聘紀考 下

伊知地, 季安著  ,  イチジ, キアン

----
内容記述
下巻 1冊 写本 26cm
薩摩の史家、伊地知季安(いじちきあん)が著した史書の写本。筆写年代・筆写者ともに不明。本書は三巻からなり、推古15年(607)から天保3(1832)年という834年間のことを抄録している。『南聘紀考』の作成意図として、琉球が薩摩の附庸であることを歴史的に明らかにしようとして書かれたものと考えられる。下巻では、慶長14(1609)から天保3年(1683)までが抄録されている。
A copy of the history book written by Ijichi Kian, the Satsuma historian. When it was transcribed and by whom are unclear. The book is made up of 3 sections, and covers events from 607 to 1832. It’s thought that it was written to make clear the historical events that happened whilst Ryukyu was under the rule of Satsuma. The third section covers the years 1609 to 1683.
本文を読む

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/10219/1/iha0123_001-028.pdf

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/10219/2/iha0123_029-056.pdf

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/10219/3/iha0123_057-084.pdf

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/10219/4/iha0123_085-107.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報