Journal Article 企業による国内及び国境を越えた地理的売上範囲拡大及び売上額の増大とその要因 -- 経済制裁緩和後のミャンマー企業を対象とした調査に基づく分析

足立, 徹  ,  阿部, 真人

59 ( 1 )  , pp.2 - 46 , 2018-03 , 日本貿易振興機構アジア経済研究所
ISSN:00022942
NCID:AN00011026
Description
企業の発展・成長過程において,輸出による国外展開は地理的な売上範囲の自国内から国外への拡大と言える。一方,地理的な売上範囲の拡大という概念を考える際,輸出はあくまでその一部であり,企業が国外展開する以前の段階としては,所在郡内から州内他郡への展開,所在州内から他州への展開も含まれる。このことに関し,国外への展開に係る研究は多く存在するが,国内の地理的な売上範囲の拡大過程及びその中での売上額の増大とそれらの要因についての実証面からの研究はあまり見られない。本研究は,欧米諸国の経済制裁緩和により,ここ数年でビジネス環境が大幅に変動しているミャンマーの国内企業を対象に,ESCAP,OECD 及び UMFCCI が 2014 年に共同実施したアンケート調査を用いて実証的分析を行ったものである。そしてその結果,企業の生産性,企業規模,資金調達の多様性等が,輸出のみならず,企業の国内における売上範囲の拡大及び売上額の増大に対しても影響を与えることを明らかにし,これら諸要素を促進することが企業の国内レベルでの成長についても有効であることを示したものである。
Full-Text

https://ir.ide.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=50237&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information