Journal Article 台湾電子産業における電子部品部門への傾斜 -- 大立光電と聯詠科技のケーススタディからみた過程と要因

佐藤, 幸人

58 ( 4 )  , pp.2 - 29 , 2017-12 , 日本貿易振興機構アジア経済研究所
ISSN:00022942
NCID:AN00011026
Description
1990 年代以降,台湾の電子部品部門の成長は著しく,台湾電子産業において4 分の3 を占めるに至っている。このような電子産業の電子部品部門への傾斜という構造変化をもたらした要因には,電子製品部門の中国等へのシフトと,半導体のファウンドリ部門のような一部の電子部品のグローバルな発展という2 つのダイナミズムがあることが,先行研究によって明らかになっている。本稿ではレンズ・メーカーの大立光電と,液晶パネル駆動IC を開発する半導体ファブレスの聯詠科技のケーススタディをおこない,後者のダイナミズム,すなわち電子部品のグローバルな発展がどのような企業活動から生み出されたのかについて,より深く検討を加えた。その結果として,両社はともに内外の市場に早い段階からアプローチしていること,台湾企業とのリンケージへの依存からグローバルな発展への移行がみられること,移行は自主的な技術の形成に支えられていたことを示した。
Full-Text

https://ir.ide.go.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=49819&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information